学部長挨拶

img_dean

日本には、多くの国際を冠する学部がありますが、本学部の特徴は、科学技術リテラシーを中心とした幅広い教養を身につけ、「デザイン」にもとづく実践的な課題解決能力を育むところにあります。このような能力を持つ人材は、海外に出て活躍するだけではなく、グローバルな視点で地域の課題解決やイノベーションの実現に取り組むことが出来ると考えています。

本学部は、高い英語能力を保証するため、原則として1年間の海外留学を行うとともに、卒業要件としてTOEICのスコア730点取得を課しています。このスコアは、企業などが求める実質的な資格であると考えています。

また、本学部は、課題解決能力養成のため、「デザイン科学」に注目しています。デザイン科学は造形を創造するだけではなく、新たな価値や体験の提案、評価、最適化を実践する学問です。本学部では、コラボレーション、フィールドワーク、プロトタイピング、参加型デザインなど、課題解決に必要な様々なデザイン手法を学びます。

山口大学国際総合科学部長  糸長 雅弘