山口大学は、長州藩士・上田鳳陽によって1815年に創設された私塾「山口講堂」を起源とし、明治・大正期の学制を経て、1949年の学制改革により、地域における高等教育および学問研究の中核たる新制大学として創設された日本で3番目に歴史のある大学です。

国際総合科学部は、私塾「山口講堂」創設から創基200周年となる2015年に、第9番目の学部として誕生しました。

国際総合科学部では、変動する国際社会、日本および地域社会の将来を見据えて、「文理の枠を超えた基礎的な知識を持ち、また、多種多様な文化や価値観を理解し、日本語・英語をツールとした高いコミュニケーション能力と課題解決能力を有した人材」を養成することを目指しています。