糸長 雅弘 ( いとなが まさひろ ) 教授

専門分野情報処理、宇宙科学(磁気圏物理学)

担当科目

国際総合科学総論、情報セキュリティ・モラル、科学技術論演習Ⅰ~Ⅳ、
多文化コミュニケーションセミナー、基礎セミナー、山口と世界、課題解決能力演習、
プロジェクト型課題解決研究

経歴

昭和52年3月 九州大学理学部物理学科卒業
昭和54年3月 九州大学大学院理学研究科物理学専攻博士前期課程修了
昭和60年3月 九州大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程修了
平成元年5月  九州大学工学部 講師
平成9年10月 山口大学教育学部 助教授
平成13年4月 山口大学教育学部 教授
平成27年4月 山口大学国際総合科学部 教授

主な論文、書籍、作品

区分的3次多項式によるデータ平滑化-急峻な背景変化と振動成分の分離-(査読付),
単著,平成5年6月,日本応用数理学会論文誌,3巻,2号,59~71頁
Reflection of shear Alfven wave at the ionosphere and the divergent Hall current(査読付),共著,平成8年1月,Geophysical Research Letters, Vol. 23, No. 1, pp. 101 - 104
ULF waves and the ground magnetic field(査読付),共著,平成10年5月,Journal of Geophysical Research A: Space Physics, Vol. 103, No. A5, pp. 9285 - 9291
The nature of reflection and mode conversion of MHD waves in the inductive ionosphere: Multistep mode conversion between divergent and rotational electric fields(査読付),共著,平成12年5月,Journal of Geophysical Research A: Space Physics, Vol. 105, No. A5, pp. 10565 - 10584
子どもを守り,育てていく実践的な情報モラル教育に関する研究-小学校における取組み-,共著,平成19年9月,山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要,24号,195~210頁

学位・資格 理学博士
E-MAIL itonaga%40yamaguchi-u%2Eac%2Ejp

学生の皆さんへ

国際総合科学部は、科学技術リテラシーを含む幅広い教養を身につけ、英語力を含む高いコミュニケーション能力とデザインの考え方・手法に基づく実践的な課題解決能力とを備えたグローバル人材の育成を目指しています。そのような人材であれば、海外で活躍するだけでなく、グローバルな視点で地域の課題解決に取り組むことができます。ここでいうデザインとは、単なる造形のことではなく、物事のあるべき姿を考え、その姿を実現させていくことを指しています。そして、グローバル人材には、何よりもタフであることが求められます。タフであるとは、立ちはだかるさまざまな困難に立ち向かう勇気と気概をもつことをいいます。海外で活躍したい人、グローバルな視点で地域の課題解決に取り組みたい人は、国際総合科学部でタフなグローバル人材を目指してみませんか。